適当将棋blog

ブログ主が将棋に関してまとめておく場所。しばらくは殺風景でもいいから投稿をして、ある程度内容ができてきたら、読んでくれる人に対してまとめようと思っている

メモ

角交換振り飛車の2一飛4二金型+△5四歩には▲5六歩は悪手になりやすそう。

▲4八銀棒銀はさばくのではなく、重しとしての仕掛けておくもの。2四銀まで進めても同様。

角道不突きVS中飛車4四銀型には▲4六歩がある。後手△7三銀にも生きる可能性。 (済)

 受けは1手前。


居飛車銀冠角交換は6八玉型、拒否は速攻か玉を深くするか。
 
相居飛車速い角引きには▲3五歩突く。 

対抗形は早い端歩で詰めたら▲3七桂、 駄目なら▲3七銀。

角交換型▲2六飛から▲2二歩打たれる変化で、▲1六歩ついてある場合、▲3七角に△同角成▲同桂△4九角。 

棒銀メモ 
▲4六金なら△4四銀と対抗することもある。ほかに上がる形はなさそう。
△8二飛から△7三銀のルート以外に、7四から8四飛のルートもあり。
5筋交換されて、あとに手がないと失敗。
 7筋位の奪還はタイミング次第でさせてもいい。

目次


四間飛車△3五歩突き戦法(命名適当)

四間飛車で穴熊に対しての作戦。まずはまとめを見ること。ある程度の将棋知識を前提としているので、見ても意味不だったら体力を付けてから再挑戦してください。

【△3五歩突き ここまでのまとめ(1)】
http://tekitoshogi.blog.jp/archives/20172276.html 


以下は基本的には私的なまとめ。上記で興味を持ち、かつ細かい変化を知りたい人は読むとより深い知識を得られるかもしれない。

△3五歩突き型(1)

△3五歩突き型(2)

△3五歩突き型(3)

△3五歩突き型(4)

△3五歩突き型(5) 

△3五歩突き型(6)

△3五歩突き型(7)

△3五歩突き型(8)

△3五歩突き型(9)

△3五歩突き型(10) 


角道不突き▲4八銀

先手専用の戦法、角道不突き▲4八銀とした形をまとめている。初形からなので上のものよりはとっつきやすいかもしれない。しかし当然、ある程度の棋力を必要とする。居飛車編のまとめは2016年8月中に書くつもり。

基本

居飛車

 
対振り飛車

対中飛車 

銀対抗拒否だけは目新しいかもしれないが、基本的には後手超速、後速、居合い抜き超速だとか呼ばれている戦型。最新形だけに、プロの棋譜きっちり追う方がいい。


ほかはまとめるほどの分量がないのでたまったらやります。 

終盤次の一手 20170904

20170904

詰まされていた。読みきれるか。




一例は以下。
▲3五角打 △5三角打 ▲6三銀打 △同 銀(72) ▲同 歩成(64) △同 玉(62) ▲6一龍(31) △6二銀打 ▲6四歩打 △同 玉(63) ▲6五銀打 △同 玉(64) ▲5六銀打 △7六玉(65) ▲6七銀(56) △8七玉(76) ▲7八金打 △8六玉(87) ▲7七金(78) △8五玉(86) ▲7六金(77) △8四玉(85) ▲8五歩打 △7四玉(84) ▲6六桂打 △6三玉(74) ▲6四歩打 △同 玉(63) ▲6五香打 △5五玉(64) ▲5六銀(67)